【ガクネット】インターネット学習塾

教科書を使おう・数学編

数学が苦手、そんな人も多いのですが、あなたはどうですか。

理科と同じように、数学も教科書を上手に使うとだんだんと問題が解けるようになります。

「何の説明もなしじゃ分かるわけがない」

そんな声が聞こえてきそうですが、教科書はちゃんとあなたに説明してくれます。

教科書のどこを使うかというと、「例題」の部分です。

「例題」では、問題とその解き方が全て説明されています。

これを活用しない手はありません。

問題文をノートに写し、例題で示されている問題の解き方も全て写します。問題を写すとき、なぜそのように解くのかしっかり考えます。


ノートの使い方

ノートの使い方は自由ですが、このようにすると何回も練習できます。

ノートを見開きで使います。

左側のページには「例題」の問題を写し、その右側のページには解き方を写します。

自分で問題の解き方を理解できたと思ったら、右側のページを隠し別の紙かノートにその問題を解いてみます。

問題がすらすら解けるようになるまで繰り返します。

ちょっと大変かもしれませんが、これで基本が身に着きます。



関連書籍

小学校6年間の算数が6時間でわかる本
この本の紹介記事⇒
語りかける中学数学
この本の紹介記事⇒


posted by 吉原教室 at 18:18 | TrackBack(0) | イベントお知らせ・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック