【ガクネット】インターネット学習塾

算数嫌いが直る本

算数は、分からないところが出てくると、学年が進むにつれどんどん傷口が広がっていきます。

小学校2年生の九九ができないと、かけ算だけでなく3年生で出てくる割り算もできません。

子どもの勉強を教えたくても、時間が無くて勉強を見ることができない、教えてもついつい感情的になってしまうなどの理由で学習塾に通わせてみても、いつまでたっても算数ができるようにならない。

それどころか、ますます算数が嫌いになっていく。

そういうこともあります。

塾に入れば安心と思っている保護者の方は要注意です。

塾に通わなくても算数ができる子どももいます。

違いは、勉強の習慣づけや勉強のコツを身につけていること。

学校の成績を上げるだけなら、塾に通わずに家庭でもできます。

私は、小学校中学年までは、家庭で学習する習慣をしっかり身につけさせてほしいと思っています。

家庭での学習がしっかりできれば、学校のテストでよい点は取れます。

続きを読む
posted by 吉原教室 at 22:32 | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学の数学・方程式が超わかる本

数学が苦手なキミのための「読む家庭教師」!という本の説明にも偽りはありませんでした。

本を開くと、読みやすい。そして、説明が丁寧で、分かりやすい。

正の数負の数、文字式、方程式の説明も図を上手に使い、噛んで含めるように細かく説明してくれてあるので、初めてこれらの数式に触れる子どもでも理解できます。

これは、教えられる側の視点から書かれているからでしょうか。

著者の飯田圭一氏は、プロの家庭教師。

どの問題の解説にも、ウーンとうならせられてしまいます。

この先生に教えられたなら、きっと勉強嫌いの生徒も勉強好きに変身してしまうでしょう。


中学の数学・方程式が超わかる本

中学の数学・方程式が超わかる本

  • 作者: 飯田圭一
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2009/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:中学 数学
posted by 吉原教室 at 11:38 | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーク・ピーターセンの図解英文法入門


マーク・ピーターセンの図解!英文法入門 (AC MOOK)

マーク・ピーターセンの図解!英文法入門 (AC MOOK)

  • 作者: マーク・ピーターセン
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2006/12/14
  • メディア: 大型本



オススメ度:満月満月満月満月 5点満点で4.0点

英文法をイラストと図を使って説明し、文章も簡潔なので理解しやすい本です。

文章の説明だけでは分かりづらい感覚的な部分も、イラストを見ると納得できます。学校の先生も、こんな風に説明してくれたら、生徒が理解しやすいかも。

B5判80ページという薄い本ですが、日本人が英文法を感覚で理解できるようなエッセンスが詰まっています。

定価も税込980円と安いので、手元に置いておくのもいいかもしれません。ただ、基本的なことだけを分かりやすく説明しているだけなので、物足りなさを感じる人もいるでしょう。

オススメな学年は、中学生から高校1年生くらいでしょうか。

この本の感想:絵があると、こんなにも文法がわかりやすくなるんだと感じました。


目次


1、過去と現在完了

2、現在形と進行形

3、Willとbe going to

4、関係詞の2つの用法

5、冠詞の問題

6、名詞の「数」

7、haveとget

8、使役動詞いろいろ

9、「聞く」動詞

10、「見る」動詞

11、willとwould

12、wishとhope

13、atとinとon

14、work in/at/for

15、byとuntil

16、「AのB」の表し方

17、能動態と受動態

18、2つのyou

学習記録ノート

マーク・ピーターセンの図解!英文法入門 (AC MOOK)





タグ:英語 英文法
posted by 吉原教室 at 18:06 | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作文がすらすら書けちゃう本


作文がすらすら書けちゃう本―宮川俊彦のノリノリ授業 (ドラゼミ・ドラネットブックス)

作文がすらすら書けちゃう本―宮川俊彦のノリノリ授業 (ドラゼミ・ドラネットブックス)

  • 作者: 宮川 俊彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



オススメ度:満月満月満月やや欠け月5点満点で3.8点(点が低いのは、作文をが苦手な小学生を対象としている本なので少々物足りないと感じたからです。作文が苦手な人の目から見た場合のオススメ度は、4.5点くらいです)


小学生向けの作文の本です。

子どもが読んで面白く興味を引くようにドラえもんの漫画を使い、作文の書き方を説明しています。

作文が苦手な子どものために、作文の題材の見つけ方、話題の広げ方など発想のほうに重点を置いて、楽しく作文を書ける方法が示されています。


目次と内容について



とっちゃまんの作文名人への道 その1

作文なんて、ちっともこわくない!

ここでは、さくぶんなんか大嫌い、めんどうくさい、書くことが見つからない、作文がヘタ、等の悩みを持つ人のための問題の解決法やヒント、などが説明されています。ユニークな発想のものや、基本的なことなど、気持ちの持ち方に重点を置いて説明されています。

さらに、優等生的な作文がいい作文とは言えない、作文は人の目を気にする必要がない自分の世界を自由に書いていいものとも言っています。


とっちゃまんの作文名人への道 その2

こうすれば作文はカンタンだ!

テーマの絞り込みや、どんなものでも作文に書けるものになる、気持ちの書き方、等作文を書くためのテクニック(超簡単な)を説明し、何を書くかという題材の見つけ方などを教えたくれます。


とっちゃまんの作文名人への道 その3

こうすれば、作文はみるみるうまくなる!


作文を書くコツについて書いてある章です。

メモ(取材)、場面、5W1H1R、接続詞、書きたいことを絞るなどの説明。書き出し、文が続かなくなったときの対処、作文の最後の部分の書き方のテクニックが説明されています。

その後で、文体、題材、句読点、漢字、段落などの大切な要素について書いてあります。


とっちゃまんの作文名人への道 その4

こうすれば、きみも作文名人になれる!

作文をイキイキしたものにする五感を使って作文を書く方法、具体的に説明してくれているのでわかりやすいと思います。意見の作り方では視点の置き方によって文章が変わってくることを、人を感動させる文章の書き方などにも触れています。


巻末特別図解 これだけできればカンペキ!

作文おたすけトラの巻


いままでの説明をまとめたもの、それをさらに分かりやすくしたもの、今までの説明をさらに進めたクニックなどをマンガと図で解説しています。

小学生のための作文教本としては、親しみやすく分かりやすい本です。



タグ:作文
posted by 吉原教室 at 11:10 | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本一わかりやすい高校英語


日本一わかりやすい高校英語 (アスカカルチャー)

日本一わかりやすい高校英語 (アスカカルチャー)

  • 作者: 間地 秀三
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本



これは本当に分かりやすい本です。
(英語が少し苦手と感じる人向け)

ページを開くと分かりますが、スペースを空け大きな文字で読みやすい。それでいて、基本的な項目はほとんど勉強できるようになっている。

学習書というと細かい字がびっしり詰まっている、それを見て勉強する意欲をなくす人も多いのですが、この本はその部分を考えて作られていてオススメの一冊です。比較的大きめの文字ですっきり項目ごとにまとめられていて読みやすく、項目の説明の後にすぐ確認テストがあるので、自分で理解しているかどうかがわかります。

確認テストも問題数を絞ってあり、その問題も単元の要点を再度確認できるようなつくりになっている。これなら、英語が苦手な生徒でもわかりやすい。本のタイトルの通り「日本一わかりやすい高校英語」の本だと思います。

この本は、参考書なのかそれとも問題集なのかと言えば「参考書」に入る本です。大学受験をこれ1冊で乗り切ることはできないでしょうが、これを読むことで英語の基本が頭の中で整理されることは確かです。


こんな人にオススメ

高校生で英語がちょっと難しいなと感じている人。大学受験をめざす高校3年生なら、この本をほかの問題集と併用して使うと効果があると思います。

英語が得意な人には簡単すぎるかもしれないので、英語が苦手で何とかしたいという人向けです。英語が得意な人なら、ちょっと簡単なクイズのような本として楽しむこともできるかな。

また、TOEICなどの資格試験を初めて受ける人にも、使えそうな内容になっています。資格試験ではどうしても中学英語では足りません。高校英語を勉強しようと思って参考書を探すと、中身は文字がぎっしり。どれもややこしくてつい敬遠したくなります。でもこの本ならば、「高校英語って意外と簡単?なんだな」と感じさせてくれます。

タグ:英語 高校
posted by 吉原教室 at 21:52 | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする